fo2
fo1

スマートフォン用の画像

ちょっと温泉旅行気分♪

埼玉県は東部。かつて日光街道の宿場町として栄えた杉戸町に開湯した杉戸天然温泉雅楽の湯(うたのゆ)。源泉かけ流しの露天風呂・内湯、高濃度炭酸温泉(浮雲)、足湯等の温泉施設に加え、岩盤処、ビュッフェレストラン、和食レストラン、癒し処(エステ、あかすり)など、一日ゆったりおくつろぎ頂ける空間をご用意致しました。

お風呂
お風呂

源泉かけ流しの茶褐色のにごり湯。
全9種類の浴槽。

お食事
お食事

和食レストランとビュッフェレストラン
名物:地元の野菜を使ったビュッフェなど。

岩盤処
岩盤処

喧騒を逃れ、お庭を眺めながらホッと一息。
無理のない熱さの中でデトックス効果を。

ボディケア、エステ
ボディケア、エステ

癒やし庵「さくらえ」
心身の緊張から解き放たれる至福のひととき

あかすり
あかすり

美肌庵「ひいらぎ」
肌本来の美しさへ

雅楽の湯について
雅楽の湯について

営業時間・料金・アクセス・ご注意事項など
混雑情報・新型コロナウイルス対策・ブログ

日常を忘れ、近場で、ちょっとだけ温泉旅行気分を楽しんでみませんか。
お食事


【2つのレストラン】
杉戸天然温泉 雅楽の湯には2つのレストランがございます。和食レストラン「みやび」とビュッフェ形式のレストラン「irodori(いろどり)」。「みやび」では、人気の国産十割そばをはじめ、名物のたまふわ杉農カレーうどんやかぼちゃプリンなどがお勧めです。また「irodori」では、地元の食材等を使ったお料理をビュッフェ形式でお楽しみ頂けます。


Photo Gallery



マップ


【歴史】

杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)のある杉戸町は、埼玉県東部に位置し、出土した古墳などの様々な文化財からその歴史は約1500年前に遡るといわれています。江戸時代には五街道の一つ、日光街道が杉戸を通り、本陣や旅籠などが軒を連ねる宿場町として賑わいました。「雅楽の湯」が建つこの地は、古くより雅楽(うた)と呼ばれてきた場所で、その御名前をお借りして「杉戸天然温泉 雅楽の湯」として2012年4月11日に開湯致しました。
PAGE TOP
MENU